新型コロナウイルスに関連する助成金

新型コロナウイルス感染症の影響により、雇用調整助成金の受給要件の緩和が行われます。

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものです。

受給要件が緩和される事業主は「新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主」とされ、生産量要件の緩和、事業所設置1年以上要件の緩和、雇用量要件撤廃等が盛り込まれております。

詳細は厚生労働省の雇用調整助成金のページをご確認ください。



また、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得者支援のため、労働者を有給で休ませる企業に対し助成する仕組みを設ける予定となっております。

概要は厚生労働省のページをご確認ください。

2020年03月03日